Why Ibaraki茨城県開催のメリット

茨城開催のメリット

1. 協議会のワンストップサービス!

茨城でのMICE開催にあたり、適切なコンベンション施設や宿泊施設、エクスカーションのコースやアトラクションのメニュー等について、あらゆるご相談にワンストップで対応いたします。

なお、コンベンションをつくば市内で開催する場合は最大250万円を、水戸市内で開催する場合は最大11万円を補助いたしますほか、ご要望に応じたきめ細やかなサポートを提供いたします。
気になることやお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

支援メニューのご案内

お問い合わせ

2. 首都圏に位置し、各方面からのアクセスが良好!

つくば駅へは「つくばエクスプレス快速」で秋葉原駅から45分、水戸駅へは「常磐線特急スーパーひたち」で東京駅から最短65分。
つくば・水戸へは、国内外に定期便を持つ茨城空港からはもちろん、成田空港や羽田空港からも高速バスで手軽にお越しいただけます。

【各空港から高速バスでのアクセス】
発着 つくばセンター 着 JR水戸駅 着
茨城空港 発 約60分 約40分
成田空港 発 約55分 約120分
羽田空港 発 約120分 約130分

茨城空港フライト情報のご案内

3. コンベンション施設がリーズナブル!

茨城を代表するコンベンション施設「つくば国際会議場」を終日(9:00〜21:00)全館貸し切っても約170万円

【首都圏に所在するつくば国際会議場大ホールと同規模の会議場を比較した場合(2018年10月現在)】
施設名 収容人数 面積 終日料金 終日料金/㎡
平日 土日祝 平日 土日祝
つくば国際会議場 大ホール 1,258人 1465㎡ 357,120円 428,500円 243円 292円
幕張メッセ 国際会議場
コンベンションホール
1,664人 1,390㎡ 1,098,000円 790円
東京国際フォーラム ホールB7 1,200人 1,400㎡ 1,965,600円 2,358,720円 1,404円 1,685円
パシフィコ横浜 会議センターメインホール 1,004人 1,323㎡ 1,840,320円 1,391円
会議センター301〜304 1,392人 1,366㎡ 1,699,920円 1,244円
アネックスホールF201~206 1,312人 1,350㎡ 576,720円 427円
ノースG1+G2、G7+G8 1,296人 1,362㎡ 1,620,000円 1,189円

(出典:各施設の公式ホームページを参考に作成)

コンベンション施設のご案内

4. 開催実績が豊富で安心!

2016年 5月
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
2018年 9月
第30回国際情報オリンピック(IOI)
2018年 10月
第17回世界湖沼会議(WLC)
2019年 6月
G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合

その他開催実績のご案内

5. 観光資源や研究教育機関が豊富で、エクスカーションに最適!

日本を代表する観光スポット「偕楽園(水戸市)」、「袋田の滝(大子町)」、「筑波山(つくば市)」、「国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)」、「牛久大仏(牛久市)」等のほか、筑波研究学園都市に集積する研究機関の約50箇所で見学が可能。多彩なエクスカーションをお楽しみいただけます。

エクスカーションのモデルコースはこちら

観光情報のご案内

トップへ